TRENTE(トラント)

ダーツが苦手だからダーツ屋になった店主のブログ

メニュー

『私は91歳ですが、あなたの演説で胸がワクワクしました。まだまだ生きますよ。』被団協・坪井直代表委員(91)笑顔の対話。『dozen Americans』

2017年1月19日
『私は91歳ですが、あなたの演説で胸がワクワクしました。まだまだ生きますよ。』被団協・坪井直代表委員(91)笑顔の対話。『dozen Americans』

(2人の写真は東京新聞から転載)

 

『私は91歳ですが、
あなたの演説で胸がワクワクしました。
まだまだ生きますよ。』
被団協・坪井直代表委員(91)

広島平和記念公園での
オバマ大統領演説と
被団協・坪井直代表委員(91)
笑顔の対話。

同時和訳から感じた違和感
同じく命を失ったとされる
『十数名のアメリカ人捕虜』

dozen Americans held prisoner.

—————
a dozen
12、1ダースほど、
数十、多数

Americans held prisoner
捕虜だったアメリカ人
(隔離された囚人の意とも受けとれる)
—————




広島原爆で被爆したアメリカ人

1945年8月6日に被爆したアメリカ人。直接被爆者は、アメリカ政府公式発表では10人、日本の民間団体・歴史研究家の調査では12人とされている。新聞社調査では2014年現在、13人としているが内訳は不明。入市被爆者はアメリカ政府発表では0人だが、10人は確実にいたことがわかっている。

 

オバマ大統領が慰霊碑の前で語った
約20分の演説内容(英文全文)です。

 

AbemaTV(アベマTV)のLIVE中継で
演説を聴いていましたが
安倍首相の演説後、
被団協・坪井直代表委員と
オバマ大統領の対話時間が
2〜3分ほどあり
2人はずっと固い握手を交わしながら
坪井さんがオバマ氏に
語りかけていました。

TV局のマイクもかなり寄っていますが
坪井さんの話しが聴き取れない…
(仮に聴こえていても広島弁です)

あれだけの演説後とはいえ笑顔?
気になったので内容をまとめてみました。

 

(坪井さんがオバマ氏に話した会話の内容)

あの事件は既に歴史の一コマだが、
とても不幸な一コマであった。

それはアメリカだけではなく、
人類の過ちであった。
お互いに未来に向かって頑張りましょう。

オバマさん
あなたはノーベル平和賞受賞者なのだから、
遊んどったらダメですよ。

未来志向で、
駆け引きのない世界を作り上げましょう。

91歳にして、
『これからは未来の話ですよ。』と

アメリカ代表としてに留まらず
人類の代表として語ったオバマ氏と
被爆者であり
生存者代表として語った坪井氏

この方々が
代表として、代弁者として
あの時間、あの場所で語った言葉を
忘れないよう心に留めます。




(演説冒頭部分の和訳)

71年前。明るい雲のない朝に、死が空から落ち、世界が変わりました。光と炎の壁が街を破壊し、人類が自分自身を破壊する手段を有することを実証しました。

それほど遠くはない、過去に起きたことを深く考えるために来ました。死者を悼み、10万人を超える日本国民の方々、数千人もの韓国、朝鮮半島の方々。十数名のアメリカ人たちがこの場所で命を落としました。その魂が私達に語りかけています。 より内面を見つめて、私たちが一体何者なのか?を振り返るように、そして今、どのようになろうとしているのかを語りかけています。

 

web上に残されている、日本語翻訳文を読んでみるとAbemaTV(アベマTV)のLIVE中継で聴いていた演説内容と冒頭部分がちょっと違う。
『10名〜17名と数えられている同じく命を失ったアメリカ人』についての即訳が少ないです。それぞれ国民として学ぶ内容、歴史認識はとても重要ですが、この演説の英文を書き残します。

【オバマ氏の演説を書き起こした英語原文(全文)】
(この後にgoogle翻訳を使用した
和訳文も貼っておきます。)

Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in a not-so-distant past. We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans, a dozen Americans held prisoner.

Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors having learned to make blades from flint and spears from wood used these tools not just for hunting but against their own kind. On every continent, the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen. Peoples have been subjugated and liberated. And at each juncture, innocents have suffered, a countless toll, their names forgotten by time.

The world war that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth. And yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.

In the span of a few years, some 60 million people would die. Men, women, children, no different than us. Shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death. There are many sites around the world that chronicle this war, memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity.

Continue reading the main story
Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity’s core contradiction. How the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our toolmaking, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will — those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily we learn to justify violence in the name of some higher cause.

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness, and yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith as a license to kill.

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats. But those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different.

Science allows us to communicate across the seas and fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos, but those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.

The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

That is why we come to this place. We stand here in the middle of this city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see. We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war and the wars that came before and the wars that would follow.

Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

Some day, the voices of the hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of Aug. 6, 1945, must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination. It allows us to change.

And since that fateful day, we have made choices that give us hope. The United States and Japan have forged not only an alliance but a friendship that has won far more for our people than we could ever claim through war. The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. Oppressed people and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that work to avoid war and aspire to restrict and roll back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man’s capacity to do evil, so nations and the alliances that we form must possess the means to defend ourselves. But among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them.

We may not realize this goal in my lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe. We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles. We can stop the spread to new nations and secure deadly materials from fanatics.

And yet that is not enough. For we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale. We must change our mind-set about war itself. To prevent conflict through diplomacy and strive to end conflicts after they’ve begun. To see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition. To define our nations not by our capacity to destroy but by what we build. And perhaps, above all, we must reimagine our connection to one another as members of one human race.

For this, too, is what makes our species unique. We’re not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

We see these stories in the hibakusha. The woman who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized that what she really hated was war itself. The man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

My own nation’s story began with simple words: All men are created equal and endowed by our creator with certain unalienable rights including life, liberty and the pursuit of happiness. Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans. The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family — that is the story that we all must tell.

That is why we come to Hiroshima. So that we might think of people we love. The first smile from our children in the morning. The gentle touch from a spouse over the kitchen table. The comforting embrace of a parent. We can think of those things and know that those same precious moments took place here, 71 years ago.

Those who died, they are like us. Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it. When the choices made by nations, when the choices made by leaders, reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting, and then extending to every child. That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare but as the start of our own moral awakening.

google翻訳での和訳文)




71年前、明るい雲のない朝に、死が空から落ち、世界が変更されました。光のフラッシュと火の壁が街を破壊し、人類が自分自身を破壊する手段を有することを実証しました。

なぜ我々は広島に、この場所に来るのですか?私たちは、そう遠くない過去に解き放た恐ろしい力を熟考するために来て。我々は10万人以上の日本人男性、女性、子供、韓国人の何千も含め、死者を弔うために来、ダースアメリカ人は囚人を開催しました。

彼らの魂は、私たちに話します。彼らは我々が誰であるかの株式を取るために、私たちはなるかもしれないものを、内側に見えるために私達に尋ねます。

それは離れて広島を設定し、戦争の事実ではありません。アーティファクトは、暴力的な衝突が非常に最初の男で登場していることを教えて。私たちの初期の祖先は狩猟のためではなく、自分のようなものに対してだけではなく、これらのツールを使用した木材からフリントから刃と槍を作ることを学んだしました。すべての大陸では、文明の歴史は民族主義的な情熱や宗教熱意によって強要、金のために穀物や飢餓の不足によって駆動するかどうか、戦争で満たされています。帝国は上昇と下落しています。人民は征服し、解放されました。また、各接合部に、罪のない人は、数え切れないほどの通行料、時間によって忘れて自分の名前を受けてきました。

広島と長崎のその残忍な終わりに達し、世界の戦争は裕福との最も強力な国家間戦いました。彼らの文明は、世界の偉大な都市と壮大なアートを与えていました。彼らの思想家は、正義と調和と真実の先進的な考えを持っていました。そして、まだ戦争は最も単純な部族の間での競合を引き起こした支配や征服のための同じベース本能、新しい機能によって、新しい制約なしに増幅された古いパターンから生まれました。

数年のスパンでは、約60万人が死んでしまうだろう。男性、女性、子供、私たちよりも変わりません。ショットは、殴られ、死に毒ガス、飢えて、投獄され、爆撃、行進しました。世界中の多くのサイトクロニクルこの戦争、勇気とヒロイズム、墓と言いようのない堕落のエコー空のキャンプの話を伝える記念碑があります。

メインストーリーの続きを読みます
しかし、これらの空に上昇したキノコ雲の画像では、我々はほとんど全く人類のコア矛盾を思い出しています。種として私たちをマークする方法は非常にスパーク、私たちの思考、私たちの想像力、私たちの言語、私たちの工具製作、自然から離れて自分自身を設定し、私たちの意志にそれを曲げるする当社の能力 – これらの非常に物事はまた、私たちに比類のない破壊のための能力を与えます。

どのくらいの頻度で材料の進歩や社会的革新がこの真理に私たちを盲目のでしょうか?どのように簡単に我々はいくつかの高い原因の名の下に暴力を正当化することを学びます。

すべての偉大な宗教は愛と平和と正義への経路を約束し、まだ宗教は殺すためにライセンスとして信仰を主張している信者から免れるされていません。

国連が顕著偉業を可能にする、犠牲と協力して、人と人と結合する話を生じます。しかし、それらの同じ話はそれほど頻繁に異なっている人々を抑圧し、人間性を奪うために使用されてきました。

科学は、私たちは海を越えて通信し、雲の上飛んで、病気を治すと宇宙を理解することができますが、それらの同じの発見は、これまで以上に効率的な殺人マシンに変換することができます。

現代の戦争は私達にこの真実を教えます。広島は、この真理を教えています。人間の機関で同等の進展のない技術の進歩は、私たちを破滅することができます。原子の分裂につながった科学革命にも道徳的な革命が必要です。

私たちはこの場所に来ている理由です。私たちは、この都市の真ん中にここに立つと、爆弾が落ちた瞬間を想像する自分自身を強制します。我々は、彼らが見たもので混乱子どもたちの恐怖を感じるように自分自身を強制します。私たちは沈黙の叫びに耳を傾けます。我々は、すべてその恐ろしい戦争の弧を横断殺した罪のない人の前に来た戦争とたどる戦争を覚えています。

単なる言葉は、そのような苦しみに声を与えることはできません。しかし、我々は歴史の目に直接見て、我々は再びこのような苦しみを抑制するために異なって何をしなければならないか尋ねるために共同責任を持っています。

いつの日か、被爆者の声は、もはや証人を負担する私たちと一緒にしないであろう。しかし、1945年8月6日の朝のメモリは、決してフェードしなければなりません。そのメモリは、私たちは自己満足と戦うことができます。この燃料私たちの道徳的想像力。それは、私たちは変更することができます。

そして、その運命の日以来、私たちは私たちに希望を与える選択をしました。米国と日本は同盟が、私たちが今まで戦争を通じて主張することができるよりも、私たちの人々のためにはるかに多くを獲得した友情だけでなく、偽造しています。ヨーロッパの国々は、商業主義と民主主義の結合で戦場を置き換え組合を構築しました。虐げられた人々や国家は解放を獲得しました。戦争を回避するために働き、最終的に制限したり、ロールバックしてことを熱望する国際社会確立機関や条約は、核兵器の存在を排除します。

それでも、国家間の侵略のすべての行為は、私たちは世界中の参照テロや腐敗と残虐と抑圧のすべての行為は、私たちの作業が行われることはありません示しています。国家や私たちが形成アライアンスは、自分自身を守るための手段を有していなければならないので、私たちは、悪を行うには人間の能力を排除することができないかもしれません。しかし、核備蓄を保持する私自身のようなものを国家間、私たちは恐怖のロジックを脱出し、それらのない世界を追求する勇気を持っている必要があります。

私たちは、私の一生の間にこの目標を実現しないことがありますが、永続的な努力は、大惨事の可能性をロールバックすることができます。我々は、これらの備蓄の破壊につながる進路をすることができます。私たちは新しい国への拡散を停止し、狂信者からの致命的な材料を確保することができます。

そして、まだそれは十分ではありません。私たちも、最も生々しいライフルバレル爆弾がひどい規模で暴力を働くことができるか、今日世界中で参照してください。私たちは、戦争自体に関する私たちの心セットを変更する必要があります。外交を通じて紛争を予防し、彼らが始まった後、競合を終了するように努力します。平和的な協力と暴力的ではない競争の原因として成長を続ける当社の相互依存関係を参照してください。ない破壊する当社の能力ではなく、我々が構築するものによって、私たちの国を定義します。そしておそらく、すべての上に、我々は1人類の一員としてお互いに私たちの接続を再考する必要があります。




このために、あまりにも、私たちの種はユニークなものです。私たちは過去の過ちを繰り返すように、遺伝コードによって結合されていません。私たちは学ぶことができます。私たちは選択することができます。私たちは子どもたち別の話、共通の人間性を記述する1、戦争が少なくなり、残酷さはあまり簡単に受け入れられた1を伝えることができます。

私たちは、被爆者にこれらの物語を参照してください。彼女は彼女は本当に嫌わ何戦争は、それ自体であったことを認識しているため、原子爆弾を落とした飛行機を飛んでパイロットを許した女性。彼は彼らの損失は彼自身に等しいだと信じていたので、アメリカ人の家族を探し出し男がここに殺されました。

自分の国の話は簡単な言葉で始まった:すべての人は平等につくら及び幸福追求権を含む特定のunalienable権を持つ私たちの作成者が恵まれています。その理想的に実現することはあっても私たち自身の市民の間でも、私たち自身の境界内に、簡単ではありませんでした。しかし、そのストーリーに忠実することは努力の価値があります。のために努力するのに理想的な、大陸と海洋を横切って延びる理想的です。一人一人の既約価値は、すべての人生は貴重であることを主張、我々は単一のヒト家族の一員であるラジカル、必要な概念 – 我々はすべて伝えなければならない話です。

私たちは広島に来る理由です。ように私たちは愛する人を考えるかもしれません。午前中に私たちの子供たちからの最初の笑顔。台所のテーブルの上に配偶者からの優しいタッチ。親の慰め抱擁。我々はそれらの事を考えると、同じ貴重な瞬間は、71年前、ここで起こったことを知ることができます。

亡くなった人たちは、彼らは私たちのようなものです。普通の人がこのことを理解し、私は思います。彼らはより多くの戦争を望んでいません。彼らは、科学の不思議が寿命を改善し、それを排除していないに集中するということでしょう。指導者によって行われた選択は、この単純な知恵を反映する国によってなされた選択は、その後、広島のレッスンが行われた場合。

世界は永遠にここに変更されましたが、今日、この街の子供たちが安心してその日を通過します。何が貴重なもの。それは保護する価値がある、その後、すべての子供に及びます。それは我々が選択することができ、将来、広島と長崎がない核戦争の幕開けとしてではなく、私たち自身の道徳的な目覚めの始まりとして知られていた未来です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)