TRENTE(トラント)

初心者ダーツ入門編!5 最後に離す指を決めよう!

初心者ダーツ入門編!第5回
最後に離す指を決めよう!

 

重要!
最後に離す指を決める

 

Point!
ダーツを投げる時、どの指を最後に離すか

チェックしたことありますか?
『親指』『人差し指』(中指)
『同時に離す』
どれかになると思います。
必ず意識するようにしましょう!

 

check!
同時に離すことはまず無理

初心者としてダーツを教わる時には…

『同時に離すように』
こう教わることがあるかもしれませんが
これは出来ません。
(最後に少し補足します!)

最初なので『わかりやすく』
教えてくれたり、教わったりすることなので
さらなる上達を目指すために
最後に離す指を決める
ようにしましょう!

練習する時にちょっとだけ
親指』か『人差し指』か
考えて決めるだけ!
とても簡単ですが
上達に絶大な効果があります!

ぜひ実践してみましょう。

 

—————-
※ 同時に離す。

ダーツライブがなかった頃の日本では
(10年前くらい)
ダーツを教わると決まって
上級者・初級者など実力問わず

『ダーツはグリップに乗せるだけ。』
と、教わることが多かったです。
(無駄な力を抜くという意味で)

それから10年が経過すると
技術や道具の革新も進んでいき
(10年前はほとんどがストレートバレル)
チップの形状も選べない。

バレルメーカーも
・ユニコーン、ハロウズ、ボトルセン
この辺りのメーカーの
ストレートバレルを
ほとんどのプレイヤーが使っていました。

それから
・形状記憶フライト
・逆ネジ

などなど
日本からも革新的な技術が誕生していき
時代に合わせて
投げ方も変わっていくことになりました。

今は情報も豊富で選べる時代
いろいろなアプローチを心掛けたいですね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)