TRENTE(トラント)

ダーツが苦手だからダーツ屋になった店主のブログ

メニュー

10年ぶりの名刺と13のルール

2019年3月5日

10年ぶりに
新規事業を興す準備として

自分に課した条件を
自身のFacebookへの投稿から
抜粋しました。

簡単に13のルールがあります。

1・友人知人の知恵や助力に頼らない
2・予備知識が無いことをやる
3・付き合いや売買、投機で収益を生まない
4・永続性がある
5・環境に依存しない
6・誰にも頼らず誰からも頼られる
7・世界中のどこでも出来る
8・公益性がある
9・違法性がない
10・オープンソース
11・事業用として資金を使わない
12・全てのことが1人だけで出来る

最後に
事業の継承が簡単に行えること

見返してみると
ちょっとアレンジしたい部分が
あります。

11・事業用として資金は使わない

という部分ですが
現在は変更しています。

この時の13のルールは
起業の瞬間だけを切り取った内容なので

準備期間で得た収益はどうするのか?
この答えがありません。

収益は再投資します。

現在の事務所も
weworkの利用もその一環です。

さて。この条件下で何をしているのか?

プラグインを作成したり
NN・ラーニングの研究をしたり
ライブラリにアプローチしたり

言葉での意思疎通を超えるために
日本語の研究をしながら
WEBサイトを構築して
アドセンス収益を得たり

これが2018年の事業内容です。

そして、再投資に関しては徹底しています。

例えば、2017-18年は
1年ちょっとの期間で
約5000ページ・10サイトほどの
テストサイトを個人で作成しました。

その後で
Google AdSenseでの
収益の要となるキーワードを
特殊な方法で全て開示しました。

生簀の中に
美味しい餌だけを選んで投棄する感じです

もちろん。自身の収益は半減します。

現状では
Google検索を使う人にとって
選択肢が増えることは
良いことなので

自分のサイトが淘汰されるくらい
競い合ったほうが
必ず結果は良くなります

自身の理解力を深めるために
蓄積した情報を開示して
新たなデータを生むことが
1番大きな前進です。

まだ、現在の進捗状況では
ビジネスをする段階ではありません
すべてがテストです。

そして
真剣にビジネスをする瞬間が来たら
躊躇なく勝ち切ります

真剣勝負は紙一重
一寸の余裕も有り得ませんし
予断もありません
言い訳もありません

約15年ぶりのビジネスに向けて
まだ、テスト段階です。

僕にとって
勝つとはどういうことか?
はっきりと形にします。

この辺の話しはまたあらためて(^^)

さて、2019年になって
weworkという
シェアオフィスを利用することにしました!

共用部分が多いので
最低限のマナーだと思い

weworkの利用開始にあわせて
10年ぶりに40枚だけ
名刺を作りました。

この施設を
利用している他の方々と同じく
僕も明確な目的を持って
weworkを利用しているので

自分から名刺を持って挨拶することは
ありません
それは利用目的に合わないので

自分が
weworkで取り組んでいることは
新しい働き方をすること

まだ少ない前例を
増やすことです

誰にも触れず
誰にも知られず
場所を選ばず
立場も要らず
直接的収益を得ない
コミュニケーションに依存しないこと

これがミッションです。
自身が実践しています。

トラント店主のブログは
出身地で10年ほどの間に
出会った方々へのアプローチと
自身への精進として
継続しています。

僕の出身地は
平均世帯所得が全国でも下位
250万円以下の街です

ほんの僅かでも
新しい働き方へと繋がる何かを
生み出すために
挑戦を続けます。

2019年も
どうぞよろしくお願い申し上げます。