TRENTE(トラント)

ダーツが苦手だからダーツ屋になった店主のブログ

メニュー

野毛の深夜食堂。洋食・シベール(AM1:00開店) & 和食・阿武茶″(AM3:00開店)

野毛の深夜食堂。

桜木町・野毛で終電が終わった後、
何とも言えない満足感を得られる
飲食店は無いだろうか…
(お酒・ラーメンをメインとするお店、チェーン店を除く)

必ず知っておきたいお店といえば…
この2店。
(初めての来店でも問題なく入れてくれます!)

1.洋食・シベール(AM1:00開店)

150x150_square_59058352洋食・シベール(食べログへのリンク!)
img_3680
写真は看板メニュー『ピラフ』(800円)
これがまた、
深夜なのに嬉しい老舗洋食店の味!
何とも懐かしい味わい。




オーディオや音楽にも詳しい
寡黙なマスターにたずねてみたところ…
特におすすめのメニューは
仕込みに3日以上かけるという
『スペアリブ』(1200円)
少し写真を探してweb上を見渡してみても
画像がどこにもありません。
提供されるお皿には
・大振りな骨付き肉(200gくらい)2本
・懐かしいギザギザフライドポテト10本くらい
・ケチャップ
といった盛り付けです。

他にも
エスカルゴ(1200円)
エスカルゴ料理用の穴開き皿に6個の盛りつけ。
良質なバターの香りがとっても芳しい

カニのクレープ包みグラタン(1400円)
これぞ洋食屋さんというグラタン。
良質なチーズ・バターの濃厚な香りが
なんともいえません。

ビーフストロガノフ(1800円)
ライスが少なめに盛られたお皿に
濃厚でなめらか、クリーミーなソースが
たっぷり添えられていて
柔らかい牛肉がふんだんに入っています。
まさに、老舗洋食店の味。
どうしても深夜に洋食。
なんて思ったときにはオススメのお店です!

50種類ほどあるメニューは
もちろんすべて懐かしの洋食…ではなく、
なぜかポツンと
『ネギラーメン・冷し中華』があります。
(『ラーメン』という商品はないのに…)
後日、画像をアップします!



2.和食・阿武茶″(AM3:00開店)

和食・阿武茶″(食べログへのリンク!)
野毛の深夜を語る上では絶対に欠かせないお店。
店内の座席数は
・カウンター約12席
・お座敷1席
(6名以上の団体様に用意されています。)

AM3:00開店の和食屋さんだというのに
開店とともに一気に席が埋まります。
(一見さんも多くご来店しています。)

飲み物の種類は
・キリンラガービール
・日本酒(1種類・熱燗もできます。)
・サントリー角
以上、3種類のみ。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-24-5-31-47壁に貼られている
短冊(メニュー)には値段が書いてありません。
手元にメニューや値段表もありません。
(オススメのメニュー『刺身盛り合わせ』も含めて
全体のお会計から察するところ、
良心的な居酒屋さんと同程度の価格設定です。)
img_3681写真は人気メニューの『トンテキ』




なんというか、
お年を重ねられた
ご夫婦が切り盛りしているのですが
気さくな立ち振舞やお店の雰囲気
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-24-5-31-24%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-24-5-31-36

まさに、深夜食堂。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-24-5-27-15%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-24-5-31-12

野毛の深夜を楽しむには外せないこの2店。
通常の生活では
なかなか機会は無いと思いますが
ぜひ、一度ご来店を!