TRENTE(トラント)

ダーツが苦手だからダーツ屋になった店主のブログ

メニュー

ダーツ上達関連について、それと今日から毎日更新します。

2016年11月8日

気が付けば最近更新していなかったので・・・
更新しよう!ということで
日常会話での独り言っぽい内容を少し。

Facebookは日常から開いているので、
頻繁にタイムラインは覗いているんだけど
ダーツ上達関連の書き込みする方も
多くなってきているのかな?
最近よく見かけるようになりました。
(Twitter、
InstagramやPinterestなど
ほとんど見ません。)

一方的な情報を発信する
こういったサイトで
好き勝手なことを書くとしても、
人にモノを言うということは

矛盾のない内容
統計による客観性
例外を重視しない
論理的、物理的根拠のないことは言わない
こういうことは意識として
最低条件だと考えます。

誰にでも有益になり得る
中立したガイドラインって
人心陽動的な要素が入ってはいけないと
考えているので、
考えに考え抜いても理解に苦しむような
表現は避けるようにしなければいけません。

新しいことを覚えたければ毎日当然のように
予習しましょう。
復習は自己満足要素が無いなら必要ですが
何事も予習が大切。
どんな人でも過去の自分を振り返って
新しいことを覚えるということは
チャレンジの精神、予習だったはずです。

ま、いっか。そんなことは、
と言いたいのですが

今書いたこういった内容が、
現在のGoogle検索のページ価値を算出する
主軸となってきているんですね。

キーワードに対して、
人工知能が人側に求めることも多用で
キーワード難易度というか
単純な単語や難解な単語
難解な単語とセットになる言葉など
それぞれの言葉の難易度に合わせた説明
というのも
今後の評価対象になっていく感じですね。

それは確かに、
スマートフォンは誰にでも使えて
検索も自由。
しかし、所有者の学力などを
端末に申告するわけではないので
無作為な集団が検索する。
さて、検索順位をどうするか?
さまざまなアプリケーションでは行動の動向を
加味した表示が当たり前になって来ている
こともあるけど、
検索エンジンでの表示順位は今のところ
運営者側の判断。
アドウェイズ広告(検索時に最上位に表示される『広告』とついているサイト)の存在が大きいので
変更になることはまだまだ先の話しになるでしょうが、

AIに関していろいろ見てるけど
考え方や処理能力としては
人の考えられる範疇を超越してますね。
ただ、現在は操作を行うのが人間という条件があるので
駆け引きが発生しているわけで、
自分が生きている間に
コンピューターが導き出す最良の価値観という
解答を見てみたいです。

思いついたことを
ただ打ち込んでいくと文章って難しいですね。
最初から文章をつくるとおもわないと、
このサイトも更新したいと思っているので
今日をキッカケに
サラッと全体構想を持って迷うことなく
一筆書きで文章をつくる
練習をしていこうと考えています。
今日はめちゃくちゃですが。笑
(言いたいことをハッキリさせないと後から、後から)
たとえばここで
映画の話を差し込んでしまいたくなったり、

最近の映画は伝えたいことが
詰め込まれ過ぎているように感じて、
質感というか細かい描写が難しそう
昔の映画はテーマが明確で・・・
といったような。

最後に、
ダーツ関連で
SEOを考え内容を深く書き手段を講じて
検索上位に位置したとしても
月間10,000PVです。

収益にはさほど結びつかないからこそ、
本気でやる。というか
そういったつもりでダーツ関連記事も
進めていたのですが
さすがにダーツショップ経営をしていないと
書くこともなくなってきました。笑
どうしよう。

といったところでまとまりも全く無いですが、
明日はもう少し良い文章を書こう!
それでは、今週も良い一週間を。