TRENTE(トラント)

ダーツが苦手だからダーツ屋になった店主のブログ

メニュー

NASA、木星の衛星エウロパ「驚くべき」発表を予告。【エウロパの驚くべき活動の証拠にメディア通話を保留する米航空宇宙局(NASA公式ページをGoogle翻訳)】

2017年12月1日

さて、どんな発表になるのでしょう。
予測したくなりませんか?

木星の衛星についての発表ということで
人類が月に到着したように、
「エウロパ」で自然現象では起こり得ないといえる
何らかの意図を持った活動の跡がある。
といった感じなのでしょうか?

地球外の生命体について、
何をいまさら、と感じるところかもしれません。
自分が生まれた頃は「宇宙」に
地球外生命体、いわゆる宇宙人の存在について
「います。」
と発言する方に対して?といった反応をするのが普通でした。

「宇宙」の大きさご存知でしょうか?




徹底解説!“宇宙の果て”に迫る!

地球から太陽までの距離は約1.5億km
1光年は約9.5兆km
銀河の端から端まで、約10万光年
この銀河が複数から成り立っている集団が銀河団
この銀河団がさらに複数個集まったものが超銀河団
さらにまた…。といった具合で
宇宙の大きさを説明することは通常出来ません。

ただ極々、一部分を見て
仮に、地球を宇宙のスケールに例えて、
と考えてみても
地球からみて一人の人間の細胞のひとつ。
これが地球・銀河といった感じです。

ポアンカレ予想」wikipediaより

宇宙の形を知る。ポアンカレ予想に挑んだ天才達

わからないことが自分の意識がある間に
一つ一つ解かれていく。

どんな発表になるのでしょう?
26日を楽しみにしたいですね!




さて、どんな発表になるのでしょう。
予測したくなりませんか?

木星の衛星についての発表ということで
人類が月に到着したように、
「エウロパ」で自然現象では起こり得ないといえる
何らかの意図を持った活動の跡がある。
といった感じなのでしょうか?

地球外の生命体について、
何をいまさら、と感じるところかもしれません。
自分が生まれた頃は「宇宙」に
地球外生命体、いわゆる宇宙人の存在について
「います。」
と発言する方に対して?といった反応をするのが普通でした。

「宇宙」の大きさご存知でしょうか?

徹底解説!“宇宙の果て”に迫る!
<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/5JZuVIsRlOc” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>
地球から太陽までの距離は約1.5億km
1光年は約9.5兆km
銀河の端から端まで、約10万光年
この銀河が複数から成り立っている集団が銀河団
この銀河団がさらに複数個集まったものが超銀河団
さらにまた…。といった具合で
宇宙の大きさを説明することは通常出来ません。




ただ極々、一部分を見て
仮に、地球を宇宙のスケールに例えて、
と考えてみても
地球からみて一人の人間の細胞のひとつ。
これが地球・銀河といった感じです。

「<a href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E4%BA%88%E6%83%B3″>ポアンカレ予想</a>」wikipediaより
<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/yKwldVYkAU4″ frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>
宇宙の形を知る。ポアンカレ予想に挑んだ天才達
わからないことが自分の意識がある間に
一つ一つ解かれていく。

どんな発表になるのでしょう?
26日を楽しみにしたいですね!

さて、どんな発表になるのでしょう。
予測したくなりませんか?

木星の衛星についての発表ということで
人類が月に到着したように、
「エウロパ」で自然現象では起こり得ないといえる
何らかの意図を持った活動の跡がある。
といった感じなのでしょうか?

地球外の生命体について、
何をいまさら、と感じるところかもしれません。
自分が生まれた頃は「宇宙」に
地球外生命体、いわゆる宇宙人の存在について
「います。」
と発言する方に対して?といった反応をするのが普通でした。

「宇宙」の大きさご存知でしょうか?

徹底解説!“宇宙の果て”に迫る!
<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/5JZuVIsRlOc” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>
地球から太陽までの距離は約1.5億km
1光年は約9.5兆km
銀河の端から端まで、約10万光年
この銀河が複数から成り立っている集団が銀河団
この銀河団がさらに複数個集まったものが超銀河団
さらにまた…。といった具合で
宇宙の大きさを説明することは通常出来ません。




ただ極々、一部分を見て
仮に、地球を宇宙のスケールに例えて、
と考えてみても
地球からみて一人の人間の細胞のひとつ。
これが地球・銀河といった感じです。

「<a href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E4%BA%88%E6%83%B3″>ポアンカレ予想</a>」wikipediaより
<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/yKwldVYkAU4″ frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>
宇宙の形を知る。ポアンカレ予想に挑んだ天才達
わからないことが自分の意識がある間に
一つ一つ解かれていく。

どんな発表になるのでしょう?
26日を楽しみにしたいですね!

【9月24日 AFP】
米航空宇宙局(NASA)は、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)が捉えた木星の衛星「エウロパ(Europa)」の画像に基づき、26日に「驚くべき」発表を行うと明らかにした。

エウロパは、氷で覆われた表面の下に海があるのではないかと多くの専門家が考えており、そこに何らかの生命が存在する可能性さえある。

NASAはエウロパについてこれまでに「地殻下に生命にとって好条件となり得る液体水の海が存在することを示す有力な証拠がある」と発表している。

今回のNASAの発表は、グリニッジ標準時(GMT)の26日午後6時(日本時間27日午前3時)からの記者会見で行われる。

BB NEWS

木星の衛星「エウロパ」とは
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-14-57-15%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-14-58-00%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-14-58-21
エウロパ (Jupiter II Europa) は、木星の第2衛星。2007年までに発見された衛星の中で内側から6番目の軌道を回っている。ギリシア神話の、ゼウスが恋に落ちたテュロスの王女エウローペーにちなんで名づけられており、そのラテン語形である。英語読みからユーロパとも表記される。なお、同名の小惑星 (52) エウロパも存在する。
この衛星はガリレオ・ガリレイによって発見されており、そのためイオ、ガニメデ、カリストとあわせてガリレオ衛星と呼ばれている。
wikipedia.org/wiki/エウロパ_(衛星)

さらに気になるということで、
NASAの公式ホームページのニュース項目へ

Google日本語翻訳の精度も一昔前より格段に向上しましたね。このGoogle翻訳、日本語への対応が非常に困難だということで日本人からすると?。という翻訳も多く目立つとおもうのですが日本語がとても特殊な言語構成なだけであって、多言語への翻訳はなかなかチャーミングだという評判のようです。(実際はどうなんでしょうね?調査してみようかな。)




(Google日本語翻訳での原文)
2016年9月21日
MEDIA ADVISORY M16-111
エウロパの驚くべき活動の証拠にメディア通話を保留する米航空宇宙局(NASA)
米航空宇宙局(NASA)は、木星の凍っ月、ヨーロッパの機関のハッブル宇宙望遠鏡で撮影した画像から新たな知見を提示するために、午後2時東部夏時間9月26日(月曜日)に電話会議を開催します。

天文学者はヨーロッパでの地下海の存在に関連することができる活動の驚くべき証拠が得られたユニークなヨーロッパ観測キャンペーンの結果を提示します。電話会議の参加者は、次のようになります。

ポール・ヘルツ、ワシントンのNASA本部で天体物理学部門のディレクター
ウィリアム・スパークス、ボルチモアの宇宙望遠鏡科学研究所との天文学者
ブリトニー・シュミット、アトランタのジョージア工科大学で地球大気科学科助教授
ジェニファー・ワイズマン、グリーンベルト、メリーランド州にあるNASAのゴダード宇宙飛行センターのシニアハッブルプロジェクトサイエンティスト
電話で参加するには、メディアは202-358-1726でドウェイン・ブラウンに連絡するかしなければならないdwayne.c.brown@nasa.gov~~Vと遅くとも月曜日正午よりも自分のメディア提携を提供していません。

電話会議のオーディオは、NASAのウェブサイト上でライブストリーミングされます。

https://www.nasa.gov/live

(ライブの内容)
NASAライブ
エウロパ上の驚くべき活動の証拠にメディア通話を保留する米航空宇宙局(NASA)
9月26日(月曜日)、午後2時EDT

米航空宇宙局(NASA)は、木星の凍っ月、ヨーロッパの機関のハッブル宇宙望遠鏡で撮影した画像から新たな知見を提示するために、午後2時東部夏時間9月26日(月曜日)に電話会議を開催します。

天文学者はヨーロッパでの地下海の存在に関連することができる活動の驚くべき証拠が得られたユニークなヨーロッパ観測キャンペーンの結果を提示します。電話会議の参加者は、次のようになります。

ポール・ヘルツ、ワシントンのNASA本部で天体物理学部門のディレクター
ウィリアム・スパークス、ボルチモアの宇宙望遠鏡科学研究所との天文学者
ブリトニー・シュミット、アトランタのジョージア工科大学で地球大気科学科助教授
ジェニファー・ワイズマン、グリーンベルト、メリーランド州にあるNASAのゴダード宇宙飛行センターのシニアハッブルプロジェクトサイエンティスト

NASAのハッブル宇宙望遠鏡の詳細については、次のURLをご覧ください。

https://www.nasa.gov/hubble

(NASA公式ページの本文)
Sept. 21, 2016
MEDIA ADVISORY M16-111
NASA to Hold Media Call on Evidence of Surprising Activity on Europa
NASA will host a teleconference at 2 p.m. EDT Monday, Sept. 26, to present new findings from images captured by the agency’s Hubble Space Telescope of Jupiter’s icy moon, Europa.

Astronomers will present results from a unique Europa observing campaign that resulted in surprising evidence of activity that may be related to the presence of a subsurface ocean on Europa. Participants in the teleconference will be:

Paul Hertz, director of the Astrophysics Division at NASA Headquarters in Washington
William Sparks, astronomer with the Space Telescope Science Institute in Baltimore
Britney Schmidt, assistant professor at the School of Earth and Atmospheric Sciences at Georgia Institute of Technology in Atlanta
Jennifer Wiseman, senior Hubble project scientist at NASA’s Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Maryland
To participate by phone, media must contact Dwayne Brown at 202-358-1726 or dwayne.c.brown@nasa.gov and provide their media affiliation no later than noon Monday.

Audio of the teleconference will stream live on NASA’s website at:

https://www.nasa.gov/live

For information about NASA’s Hubble Space Telescope, visit:

https://www.nasa.gov/hubble